人気ブログランキング |

細々と育ててるバラとミニバラの記録が主です。他の花や、日常についても書いて行きます。現在庭改造中…


by まりー

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お別れしてきました

e0263224_21502855.jpg
お別れしてきました
お骨が欲しくて訪問火葬してもらいたかったけど、もう焼き場予約しちゃってて
毛は取ってたので諦めてお見送りしました
お骨があってもコロだけどコロじゃないもの

抱っこして連れてって最後はお花皆で敷き詰めて毛布でくるんでさよならした
ミッキーさんの手は置いておいた
持ってってもそれをはめて遊ぶ人がいないからね
雪が積もってたけど晴れてて良かった
最後に日向ぼっこ出来たね
好きだった雪もちょっと入れた
家族皆で送れた
色々後悔はあるけど
良い日に送れたと思う
またね
by rosemary_218 | 2019-01-27 21:49 | 日常
全く更新しておりませんが久しぶりの更新で悲しいお知らせですみません
ただ記録を残しておきたくて

愛しい愛しいコロ
19歳という大往生で1月26日の朝に天国へ旅立ってしまいました

お散歩大好きで、お外が大好きで、でも家の中も大好きで自分で出たがったのに入れてくれと鳴いたり
一人が好きで、呼んでも無視して、でもいつの間にかそばにいたり、何故か気まぐれに膝の上に乗ってきてすぐに去っていったり
昔はなかなか食べなくて困ってたけど年取ってからよく食べてまるまるして可愛かった
亡くなる前日までご飯への執念は凄まじく、見えない聞こえないのに匂いと気配で判断して空かぶりしてて笑った
指をちぎられそうになった時もあった
e0263224_00401564.jpg

コロは私が中学一年生の冬に突然家のそばに現れた
青いリードをつけた大きくなった子犬
可愛くて可愛くて一目惚れしてしまった
人懐っこくて離れなくて、可愛くて可哀想でリードを握りしめて寒い外で二人でいた

大きな施設が目の前にあるからか、何故かやたらと捨て犬が多かった近所は、捨て犬達を飼っている家が殆どなくらい
コロも捨てられたのだろう
しばらく探しても飼い主は見つからなかった
見つからなかったらうちで飼おうと親に言われてて、見つかるなと思っていた
結局母が迷い犬ならとコロを連れて皆に聞いて回ったが結局は見つからず、飼うことになった

e0263224_00401572.jpg

名前はどうする?ってなって名前のココとかコロンは?って提案したらなんか洒落すぎ(笑)って却下されて、じゃあコロコロしてるからコロ!それでええわ!と拗ねたっけ
でも今となってはコロがしっくりしたかも

拾ってから暫くしたら猫かぶりならぬ犬かぶりが剥がれて、まあ慣れたんだろうけど、家の中を縦横無尽に駆け回り、歯の生え変わりの時期だったらしく人や物を噛みまわり、それで捨てられたのかな?ってなった

最初は大きくなりそうだし外犬にするって親が決めて犬小屋を買った
警戒してたけどなんとか入ってくれた…が、夜になると鳴く
寂しくて寒いのだろう
昼間家に入れてるからだと父がぼやいたが、寒いから仕方ないじゃんと夜の間は玄関に入れることにした
しかしある日の風が強い日、犬小屋が飛んでいってからは二度と入らなくなってしまった

最初は玄関で寝るので満足していたが、次第にリードを限界まで伸ばして無理矢理玄関の上に登り寝だした
ほぼほぼお尻しか登ってないような時もあった
ある日には八つ当たりのように父の革靴をぐちゃぐちゃにした
古い方のだったのでそこまでお咎めはなかったけど
そして鳴いて鳴いて無理な体勢になりながらも夜に登り続けるコロを見て、とうとう父がコロを完全に家の中に解き放った
一番家の中に入れるのを嫌がっていた父がいれたのだ
もう誰も止めるものはいなかった
e0263224_00401593.jpg

色んな好きなとこで寝てた
廊下や絨毯や暑い日は板場を探したりあんなに寂しがってた玄関も夏場はよく勝手に寝てたね
自分で戻れるから関係ないよね
でもハウスは好きだったね
ハウスって言ったら入ってたもんね
父が座ってるソファーの場所がお気に入りで最終的にハウスを置いて乗っ取り成功だったね
一緒には寝てくれなくて、誘拐だー!と無理矢理連れ去って無理矢理寝させてすぐに逃げていく…ごくごくまれに近くに寝てると起こさないように幸せを噛み締めたよ

猫みたいな犬だった
呼んでもほんと来ないし、聞こえてるのは知ってたよ
耳動いてるし
さんぽって名前呼ぶよりずいぶん小声で言ったら飛んで来たよね
寝たきりになってからも聞こえてたでしょ
名前言うと起きてたもんね
e0263224_00401596.jpg

おて、おかわり、ふせ、ちょーだいちょーだい(ちんちん)
一連で覚えてたね
おやつ欲しすぎて勝手に一人で一通りやってたね
賢いんだかそうじゃないんだかわからなくなるわ

残念ながら他人には心を開かなかったね
家族以外には来訪時死ぬほど歓迎するのにも関わらず1分後くらいには何故か怒ってたね
あれはなんで?
家族には帰ってきてもお出かけ以外にはそんな喜ばないのに噛まなかったね
喜ばずに怒るか、喜んで噛まないか統一してほしかったよ(笑)
来訪者が喜んでるやん~って撫でるの止めにくかったし、自分達が帰ってきても嬉しくなさそ~みたいな
でも帰った時、しれっと玄関にいたりするんだよね
姿見たらさっさと居間に入るけど…猫か

車に乗るのは大好きでおばあちゃん家によく行ったけど我先に!と入って嬉しそうにおばあちゃん達に挨拶しても、数分後には怒るし、家では年に何回かしか勝手に膝に来ないのに、ずっと膝にいるし、帰ろかって一回言えばもう帰る気満々で玄関に飛んでいってた
それで目怪我しちゃったんだけどね
せっかく覚悟してくださいと言われた容態から退院して元気になってたのに、目は入院の時に痛めてたけど、追い討ち
あの時連れていかなければ良かったと後悔しても遅いよね
目が悪かったのに走り出させちゃってごめんね
悪い方の目だったのがまだ救いだった

去年の3月くらいだったかな
もう散歩も歩かなくなって隣の空き地で用を足してたけど、その日は天気も良くて私達が庭作業してる間に母が空き地の真ん中に放置していた
ふと見たら珍しくちょっと進んでて、歩いてるねって母と話して、危ないしもう風が出てきたから中に入れたら?って私が言って、そうやなーと母
しばらくしてコロがいない!と
は?中に入れたんでは?って言うと入れてないと
殆んど歩けないのにまさかと横の高い溝を見に行ったら落ちてて泥の中でもがいてた
水はないけど藻があるくらいででも高さは大分あるし、横に少しスペースもある
母と喧嘩しながら病院に行ったが無事だった
私は風邪で声が全く出なくなってて怒鳴りたいが声が出ないので変な音だけが響いてた
私がちゃんと入れてあげてれば良かった話ででもあの時本当になにもなくて良かった
どう落ちたのかわからないけど滑った藻で落ちた場所から滑って衝撃がましだったのかもしれない

夏前は寝たきりになった
体を起こして食べたりもしていた時もあったが鼻に餌が詰まるので口の横からあげたりして
血便が出てからは注射したりして、消化に負担がかかりにくい栄養の多い流動食をあげていたが、治まってからはちょっとずつ老犬用の柔らかい餌を様子見ながら増やしていって結構食べてたね

寝たきりになってからは昼夜逆転して大変だった
大きな声で夜中に泣き出すので基本母が一緒に居間で寝て、父と私は休み前に寝ていた
横で腕枕してとんとんしたり、腹の上に乗せてゆらゆらしたり、結局一番落ち着くのは膝の上に乗せてゆらゆらしながらとんとんして子守唄を歌う時だった
どんなに頑張って寝かしても下ろしたら起きるんだけどね
赤ちゃんみたいだったね
コロが可愛くて好きだからじゃないと無理だと思ったわ

鳴き疲れて朝方にやっと寝て、そこからやっと添い寝の人間が寝れていた
母はよく頑張ってくれた

こないだの火曜夜に、薔薇の植え替えするのに体力欲しいなと自分の部屋で寝てしまった
冬になってからは寒いだろうからと布団で一緒に寝ていると余り鳴かなくて母もまあいいよと
土曜の夜はいつか死んだ時にもっと一緒に居てやればあの時寝てればと思わないようにしていかないとと思っていたのに
まだ次があると
思ってしまっていた
次なんてなかった
お昼に一旦仕事から帰ってきたら兄が出て来てコロ死んだぞと
放心状態で帰って見たら寝てるみたいなのに
触ったら起きなくて
母が朝にはもう亡くなっててあんた仕事やから黙ってたと
隣でいたのに気付けなかったと
私も隣ではなかったけどつい朝方まで居間で寝てたから私だって気付かなかったし、朝欠員が出たからとバタバタと家をあとにしてコロは寝ているのだとばかり
今日の夜も明日も明後日も生きてるのだとばかり思ってて
多分安らかに亡くなったのだと思う
老衰だったのだと
朝方に二階に上がった私と入れ替わりで父が起きた時はいつも確認してるけど息をしていたように見えたと
じゃあ母と父が朝支度をしている間に静かに息を引き取ったのかな
構われるの好きなようで好きじゃないけど皆といたいコロらしかったのかな
e0263224_00333471.jpg

大好きな大好きなコロ
こーちゃん、おーたん、ころた、ころたん
色んな呼び名で呼んでたけどそれなりに反応してくれたね
好きすぎてキスしまくって迷惑そうな顔して口近付けるといくと鳥みたいに180度くらい顔をそらしてたね、ごめんね
最終的に仕方ないなって唇一舐めしてくれたね
顔は舐めてくれなかったね
父の顔は死ぬほど舐めてたね
ちょっと低い位置にあったらよじ登って舐めてたね
対応の差に嫉妬したけどあれは舐めすぎだった
父可哀想で、でも羨ましかったよ
でも家族としてコロは認めてくれてたね
私達を噛まなかったね
私はコロが好きすぎてかぶりついてたけどね
抱っこって言って来てくれたら愛しくて愛しくてぎゅーーっとした
コロが抱っこくるのは私達を利用出来そうな時にしか来なかったけど

20年目でさよならすることになってしまったけど、コロに出会えて、コロと暮らせて、コロとお出かけして、散歩行って、一緒にご飯食べて、全部全部楽しかったよ
e0263224_02510821.jpg

最後の寝たきりも一緒に寝てくれなかったコロと隣で朝まで寝れて大変だったけど嬉しかったよ
コロが隣にいることが幸せだと思ったよ
だから今日が最後の添い寝になるけど、私がそばにいて暖かかったらよくないから隣にいるだけだけどごめんね

たくさんの可愛さと愛をありがとう
コロを捨てた飼い主さんこんなにこんなに可愛い子を捨ててくれてありがとう、あなたには二度と動物は飼って欲しくないけど
コロと出逢わせてくれてありがとう

冬にきて冬に去っていくんだね
今日はコロの好きな雪が積もったよ
天国にはコロの大好きだったチビが待ってるよ
ポコやリリもいるし他のコロより先に行った子が沢山いるよ
チビがいた頃チビは?って言ったら探してたね
亡くなってからチビって話題にしたら反応しててかわいそうで言わなくなったけど、今なら言えるよね
チビは?おるやろ?
皆で遊んで待っててね
私もいつか行くから待っててね
若い頃の元気な姿で好きなだけ走り回っててね
ミッキーさんの手、またいつかはめて遊ぼうね

ありがとう
大好きだよ
私のコロちゃん
またね
e0263224_00333419.jpg


by rosemary_218 | 2019-01-26 23:27 | 日常